時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

実例で見るROW関数での連番の問題点

2015年01月26日 | エクセルとの連携
【作業時間を短縮し、仕事を効率化するパソコン活用】
前回ROW関数 で連番を作る方法の問題点の実例です。


図1のB1セルは =ROW() 、C1セルは =ROW(A1) と入力しています。

図1



図2は、図1のB1セルからC5セルを1行下に移動しています。

図2



図3のB2セルは =ROW()-1 、C2セルは =ROW(A1) と入力しています。

図3



図4は、図3の1行目と2行目の間に1行挿入しています。

図4


図5は、図3の3行目と4行目の間に1行挿入しています。

図5


図6は、図3の1行目の上に1行挿入しています。

図6


B列とC列での変化の違いが分かったでしょうか。


「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ROW関数での連番の問題点 | トップ | ROW関数での連番を値で貼り付け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事