時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

WEKDAY関数の値から曜日を求める

2015年04月23日 | エクセルとの連携
【「本日のお薦め」も 「はりの助」】

前回までは、[2015/04/15]の「WEEKDAY関数を使って曜日を数字で取り出す」を書いた後「11ヶ月分のコピーができない」という声があったので少し回り道をしました。

WEEKDAY関数の第2引数を2にすると、月曜が1になります。
3にすると、月曜が0になって、0~6を繰り返します。
1~3以外はエラーになり、第2引数を省略すると1の場合と同じになります。

さて、次図のG列の「曜日」は「書式設定」で表示しているので、それは見かけだけです。
そのため、例えば「木」で検索したり比較したりすることができません。
今回はWEEKDAY関数で求めた値を使ってCHOOSE関数で曜日を表示します。


この方法だと値として求められるので検索や比較にも使えます。
前回のサンプルの「曜日の値」の隣にもう1列挿入して、I5セルに
  =CHOOSE(H5,"日","月","火","水","木","金","土")
と入力してください。
前回説明した理由で、C列とD列の間にも1列挿入しているので、列がズレています。

CHOOSE関数「数字を入力してCHOOSE関数で文字を表示する」[2015/02/10]で説明しています。
こうすると第1引数に指定した左隣のセルの値で、第2引数以降の値が取り出されます。
G列と同じ曜日が表示されるか、試してください。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150423.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月15日のサンプルの4列をコ... | トップ | 「条件付き書式」で日曜日を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事