時間を生み出すブログ はりの助

参照とは特定のセルとつながりを持って値を利用すること_その3

【下駄箱の名札も 「はりの助」】

前回の確認では参照先(数式を入力したセル)をどのセルに移動しても数式は変わりません。
常に
  =C3
となっています。

それでは、参照元を移動するとどうなるでしょうか。
前回と全く同じように入力して下さい(下図の赤丸は不要です)。
そして、今度は参照元(今はC3セル)を参照先セル(今はE5セル)の周囲の色々な位置に移動させて数式を確認してください。


参照先が移動するたびに数式が変化していますね。移動先のセル番地に変わっています。
参照でつながっているセルは、このように数式のセル番地もきちんと更新されていくのです。
次回は「絶対参照」の指定方法を説明します。

この記事が参考になったときだけ、右下の「いいね」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「エクセルとの連携」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事