時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

拡大と移動のボタン表示

2015年07月08日 | はりの助活用
【テプラで印刷は 「はりの助」】

斜めの枠の拡大では、ツールバーのボタンで操作できる場合とできない場合があります。
文字枠と画像枠は、横方向か縦方向への拡大はボタンで行えます。
矢印はボタンでの拡大はできません。

次図は斜めの文字枠を選択しているときのツールバーのボタンです。
左の7つが拡大のボタンで、右の7つが移動のボタンです。



拡大ボタンの左端は非表示で、2番目から7番目までのボタンが表示されています。
2~4番目は幅の拡大で、5~7番目は長さの拡大です。
この場合は、幅の拡大と高さの拡大がボタン操作でもできるということです。

矢印枠の場合は全ての拡大ボタンが非表示になります。
枠を選択していない場合も拡大ボタンは全てが非表示です。

移動のボタンは枠の種類や斜めかどうかには関係しません。
枠が選択されていれば全てのボタンが表示されます。
枠が選択されていなければ全て非表示です。

このようにツールバーのボタンは枠の選択状況で表示状態が変わります。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 用紙全体をレイアウト範囲にする | トップ | 斜めの枠をツールバーのボタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はりの助活用」カテゴリの最新記事