時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

数値のセルの参照と文字列との連結

2015年02月20日 | エクセルとの連携
【垂れ幕も 「はりの助」】

「参照とはどういうことか」(2015/02/16)で説明した次図では、SUM関数で合計金額を求めたB7セルをA11セルで参照しています。
そしてA10セルとB11セルの3つのセルを使って文章のように表示しています。


これを1つのセルにまとめて表示します。


B10セルには次のように入力しています。
  ="今年のホワイトデーの予算は"&B7&"円です。"
B10セルは数値を参照していますが、文字列と連結しているので、このセルは数値ではなくなります。
前回説明したステータスバーで確認してください。

数値の参照と文字列の連結は使用する機会が結構あります。
次は要項等での使い方の例です。
  第○○回 全日本数式作成コンクール
  平成○○年度 エクセル活用に関する支援事業
  ○○年○月分 支給明細書

上の2つは年か年度を指定する作業セルを用意します。そのセルの値で○○の部分に入る回数や年度を求め、大会名等と連結します。
こうすることで年と回数がずれることを防げます。
申込書等の関連する書類を複数のシートで作成する場合などに威力を発揮します。
他にもどんな使い方ができるか、考えてみてください。


「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« エクセルで素早く合計を求め... | トップ | 数値のセルを参照したら表示... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事