時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

日付のデータから「日」だけを取り出す

2015年04月27日 | エクセルとの連携
【 「はりの助」】

「WEEKDAY関数を使って曜日を数字で取り出す」[2015/04/15]で説明したようにWEEKDAY関数を使うと、日付データから曜日を1~7(または0~6)までの番号で取り出すことができます。

日付データからは他にも「日」だけを取り出すことができます。
それにはDAY関数を使います。

サンプルファイルを使って説明します。
「曜日2」の列(K列)の右に1列挿入しています。
「4月15日のサンプルの4列をコピーしたらエラーになった」[2015/04/22]で説明した理由でD列の右にも1列挿入します。


挿入後のK5セルに次の数式を入力します。
  =DAY(H5)
引数にしている  H5セルが日付データです。

これで4月1日の1が表示されました。
この数式をK6セルにコピーすると2と表示されます。
同じようにK35セルまでコピーして確かめて下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150427.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月30日に1を加えると? | トップ | 日付データからは「年」と「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事