時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

参照のまとめ

2015年02月25日 | エクセルとの連携
「相対参照」と「絶対参照」の説明をするためにまず「参照」とはどういうことかについて説明してきました。
その過程で少し寄り道をして知っていて欲しいことにも触れました。
その間の説明は分かりにくいことがあったと思いますので、まとめておきます。

エクセルのセルに入力できるのは、文字と数値、そして数式です。
文字と数値では、数字と数値について混同しないことが大事です。
これは「エクセルでの数字と数値の違い」<2015/02/18>で説明しています。

数式では演算子や関数を使うことができます。関数はエクセルの引数とは何、また関数とは<2015/01/16>で説明しています。
演算子の説明はしていないので、軽く触れます。
これまでに何度も使った、文字やセルを結合する「&」も演算子です。
計算で使う「+」「-」「*」「/」も演算子です。

他にもいくつかの演算子があります。
「エクセル 演算子」で検索すれば説明しているページがたくさんヒットします。
注意が必要なのは、演算子には優先順位があることです。
足し算と掛け算では掛け算を先に計算するという順位です。

参照で求められるのは参照元の値です。
書式は引き継がないので、参照先で必要に応じて書式を設定します。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ


   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 関数の引数にセルの参照を使う | トップ | 参照とは特定のセルとつなが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事