時間を生み出すブログ はりの助

同じ文字をREPT関数で大量に入力する方法

「はりの助」だけでなく他のソフトでも役立つREPT関数の使い方です。
エクセルで、A1セルに次の数式を入力します。セルはA1セル以外の任意のセルでかまいません。

=REPT("羊",500)

「羊」以外は全て半角です。
先頭の「=」は、エクセルで数式を入力するときの最初につけるものです。これはエクセルの約束として理解して下さい。
次の「REPT」が文字を繰り返し入力する関数です。小文字で入力してもかまいません。勝手に大文字になります。

数式全体では
=REPT(○,□)
という構造になります。

○の部分で繰り返す文字を、□の部分で繰り返す回数を指定します。○と□の間にはコンマが必要です。
ここで注意するのは、文字を指定するときは半角の「"」で囲むということです。これもエクセルの約束として理解して下さい。
これで入力したセルに、指定した文字が指定数だけ表示されますので、このセルをコピーして「はりの助」や他のソフトに貼り付けることができます。
「はりの助」の場合は、「枠作成」で表示されるダイアログに貼り付けて下さい。

明日はこの式をもっと使いやすくする方法を説明します。



「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「エクセルとの連携」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事