時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

4月1日は 42095

2015年03月28日 | エクセルとの連携
【靴箱の名札も 「はりの助」】

「4月1日は 42095」というのは、エイプリルフールに関係しているわけではありません。
前回前々回で説明したように「セルの値」を「セルの書式設定」で指定した形式で表示できます。
この「セルの値」は文字や数値を入力した場合はその値で、数式の場合は(数式で求めた)結果です。

日付は特別で、1900年1月1日を「1」として、1日に「1」ずつ大きくなる数字です。
だから、今年の4月1日は「42095」になるのです。

日付を入力するときは「4/1」や「2015/4/1」、あるいは「平成27年4月1日」のようにも入力できます。
このように入力しても、エクセルが日付と判断した場合は勝手に(日付の)数値に置き換えています。

数式バーでは日付の形式で表示されていますが「セルの書式設定」で「分類」を「標準」にすると、その日に対応した数字が表示されます。
図は「4/1」と入力したセルを選択した状態での「セルの書式設定」(右クリックメニュー)画面で、「サンプル」の欄が今のセルの表示状態です。


逆に「42095」と入力して「セルの書式設定」で、日付の形式を選んで下さい。
4月1日が指定の形式で表示されます。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 書式設定での表示は見せかけだけ | トップ | セルの値を比較する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事