時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

第2引数(検索する値)を簡単に変更する(COUNTIF関数)

2015年08月15日 | エクセルとの連携
【COUNTIF関数 「はりの助」】

範囲の中から指定の値の個数を求める [2015/08/13]からの続きです。

次の表のB3~B22セルには誕生月が入力されています。
COUNTIF関数 を使って、8月生まれの人数を調べます。
関数はB1セルに入力することにします。



取りあえず相対参照で作成すると、数式は次のようになります。
  =COUNTIF(B3:B22,8)

それでは、9月生まれの人数を調べましょう。
第2引数を 9 に変更します。
  =COUNTIF(B3:B22,9)

これでも正解ですが、関数を直接変更するのは手間もかかりますし、関数に不慣れな人が使うとなると戸惑うでしょう。
検索する値を変えたい場合には実用的ではないと思います。

次のように、第2引数はセルを参照するようにして、そのセルに検索する値を入力します。
  =COUNTIF(B3:B22,A1)
こうすると簡単に変更できますし、誤って関数を壊してしまう心配もありません。



上の図ではA1セルに検索する値を入力するようにしています。
実際にA1セルの値を変更してみて下さい。

この方法は【引数はセルで指定すると便利なことが多い】[2015/02/13]で説明していることと同じ考え方です。
この方法で前回の課題が解決できます。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて「sample_150815.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« COUNTIF関数の範囲は絶対参照... | トップ | 条件を入力するセルを用意す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事