時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

たくさんのセルの値を連結する数式

2015年01月12日 | エクセルとの連携
【作業時間を短縮し、仕事を効率化するパソコン活用】
たくさんのセルの値を連結する効率的な方法は分かりましたか(2015年1月9日からの続きです)。

まずB3セルで考えてみましょう。
B3セルには「子」と「丑」が表示されています。2つのセルを連結した結果なので、「子」と表示されているセルと「丑」と表示されているセルを連結すればいいですね。
まず「丑」が表示されているのはA3セルしかないので問題ありません。「子」はA2セルとB2セルの2カ所にあります。

試して見ましょう。

  《方法1》   =A2&A3
  《方法2》   =B2&A3


《方法1》 の結果


《方法2》 の結果


どちらも「子丑」と表示されます。

それではB3セルをB4セルにコピーします。
  《方法1》   =A3&A4
  《方法2》   =B3&A4
対象のセルが1行下になったので、数式の行の数字が1だけ大きくなっています。

結果は、《方法1》の式だと「丑」と「寅」の連結で「丑寅」、


《方法2》の式では「子丑」と「寅」の連結で「子丑寅」となります。


もう一度B3セルに戻ると、
  =B2&A3
が今回の考え方での正しい数式だということです。
つまり、前に連結した文字(上のセル)と次の文字(左のセル)を連結することの繰り返しで正しい結果が得られるのです。



これでB3セルをコピーして、B4セルからB13セルに貼り付ければ、B13セルに目的の文字が表示されるのです。
B3セルからB12セルが作業用のセルということです。

この考え方は文字の連結だけでなく、計算でも利用できます。実際の例で説明する予定です。
それではB2セルにはどんな数式を入力したらいいでしょうか。考えて下さい。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« たくさんのセルの値を連結する | トップ | たくさんのセルの値を連結す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事