時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

CONCATENATE関数でセルを連結する

2015年01月15日 | エクセルとの連携
【作業時間を短縮し、仕事を効率化するパソコン活用】
これまでは「&」使いましたが、今回は関数を使ってセルを連結する方法です。
使い方は簡単で
  =CONCATENATE(A1, B1)
のように、関数の( )の中に連結したいセルをコンマでつないで入力するだけです。

試して見ましょう。



数式を入力しているセルは、紺色の太字で表示しています。
A1からA12のセルに入力している干支の文字を、C1セルに次の数式を入力して連結して表示します。
  =CONCATENATE(A1,A2,A3,A4,A5,A6,A7,A8,A9,A10,A11,A12)

実際に試して見るとよく分かると思います。
次は関数を楽に入力する方法を説明しますが、関数の説明では「引数(ひきすう)」という言葉を使いたいので、明日は「引数とは何か」について簡単に説明します。


「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1種類の数式だけで、たくさ... | トップ | エクセルの引数とは何、また... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事