時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

教室の窓に一文字ずつ印刷した看板

2016年04月16日 | はりの助活用
一文字ずつ印刷して窓に窓に貼った看板の例です。
A3用紙の大きさでも、充分だと思いますがポスター印刷でA2やA1サイズにすると、かなり遠くからでも見えるでしょう。

この図は比率を無視しています。一つの階に窓が4つだけの学校はないでしょうから。

教室の窓に一文字ずつ印刷した看板 by はりの助

この図の作成方法

まず「鯉のぼり運動会」の7文字を「簡易差込」機能を使って1枚に一文字ずつ印刷します。
今回は窓に貼るのではなく、最終的に画像ファイルにするので「キューブPDF」というソフトでJPEG形式のファイルに出力しました。
操作はプリンタで印刷するのと全く同じです。
7文字ですからファイルは7つ作成されます。

校舎のイラストは「花子」を使って作成しました。
これくらいのイラストなら「はりの助」でも作れますが、専用のソフトに任せました。

校舎のイラストをはりの助に挿入して背景に設定します。
先の7つの画像も挿入して大きさを調整します。

このとき、空白だけを入力した枠線だけの文字枠を窓と同じ大きさで作成して左上の窓の位置に合わせます。
その枠を基準にして「枠の配置」「今の枠に揃える」「中心点を揃える」で「鯉」の画像を揃えます。

「鯉」の画像上下位置に「の」「ぼ」「り」の画像を揃えます。
枠線だけの文字枠を右上の窓に合わせて、「り」の画像を「鯉」と同じように揃えます。
「鯉」を選択して、「枠の配置」「今の枠に並べる」「右側へ均等に」で、「の」「ぼ」「り」の3つを並べます。
「運」「動」「会」も同様に配置します。

今回は文字だけを印刷するファイルと、図を作成したファイルをダウンロードできるようにしています。
テンプレート&サンプルのページに移動


《Ver. 2.35 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページへ
ベクターでの「レビュー」ページへ

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1文字印刷の装飾の背景をテ... | トップ | 熊本地震の救援活動にはりの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はりの助活用」カテゴリの最新記事