時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

教科ごとの順位表示 これが正解

2015年08月11日 | エクセルとの連携
【「全商品50%OFF」の貼り紙は 「はりの助」】

【教科ごとの順位を表示する】[2015/08/06]からの続きです。

第1引数は行列とも相対的に変化しなければいけないので、相対参照のままにします。
第2引数は範囲ですが、これは縦方向にコピーしたときに行がズレてはいけません。
横方向へのコピーでは、列が相対的に変化しなければなりません。

行番号の前だけに $ をつけて、行を固定にします。



この数式をH4セルに入力して、残りのセルにコピーします。



これで完成です。
このように引数で指定する範囲の行は絶対参照にして、列を相対参照にする方法は、色々な関数で利用できます。
これまでセルごとに数式を修正していたら、是非この方法を使って下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150811.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 参照元と参照先のセルの関係... | トップ | 範囲中の数値の個数を調べる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事