時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

4月15日のサンプルの4列をコピーしたらエラーになった

2015年04月22日 | エクセルとの連携
【暑中見舞いも 「はりの助」】

図のD列~G列をコピーして貼り付けたらエラーになりました。
I列の曜日の欄は列幅が狭いので「####」と表示されていますが、同じ内容のエラーです。


4月14日のサンプルでコピーしたときは問題なかったのに、どうしてでしょうか。
ものすごく単純に考えます。
4月14日までの表は


  日の数字の列 D列
  曜日の列 E列
  間隔の列 F列
の3列が1ヶ月分でした。

4月15日のサンプルは
  日の数字の列 D列
  曜日の列 E列
  曜日の値の列 F列
  間隔の列 G列
曜日の値を取り出すために1列多い4列になっています。
ところが参照の基本となる部分はA列からC列までの3列のままです。
これがエラーの原因です。

この問題を解決するためには、B列とC列の間に1列挿入します。
先の「曜日の値の列」を挿入したのは、「曜日の列」と「間隔の列」の間です。
それに対応する位置に挿入すると相対関係が保たれます。
そのために「曜日の値の列」に対応するB列と
「間隔の列」に対応するC列の間に挿入するのです。

サンプルファイルには
  挿入前
  挿入後
  コピー後
の3つのシートがあります。
3つのシートとも、わかりやすいように参照の基本となる列にも項目名を表示しています。
「挿入前」のシートで列を挿入してから、5月から3月までの表をコピーで作成してください。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150422.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 列単位でのコピーは二つのメ... | トップ | WEKDAY関数の値から曜日を求める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事