時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

「セルの書式設定」で項目名を表示する

2015年08月19日 | エクセルとの連携
rinosuke/">【無駄を省くには 「はりの助」】

範囲の中から指定の値の個数を求める [2015/08/13]からの続きです。

前回の方法より、もっと簡単な方法を紹介します。
【数字を入力したら「○月」と表示されるようにする】[2015/04/09]で紹介した「セルの書式設定」を使います。

次図のように項目名の欄に直接、条件(COUNTIF関数の第2引数)の数値を入力します。



このままでも充分意味は通じると思いますが、これまで表示していたように「○の個数」と表示します。
「セルの書式設定」(右クリックメニューか Ctrl + 1)の「表示形式」タブで「ユーザー定義」を選択して、「種類」の欄の
  G/標準
の後に
  G/標準"の個数"
と入力します。



 "" は入力しなくてもかまいません。
「OK」を押して、次にまたこのダイアログを開くと、勝手に付けられています。

前にも説明しましたが、「セルの書式設定」は見かけだけの設定です。
セルの値は元の数値なので、そのまま計算の対象となります。
数値を変更する場合も、通常のセルと全く同じです。

なお、「セルの書式設定」は
【曜日の表示方法】[2015/03/25]や
【数字を入力したのに文字が表示される】[2015/03/26]
で紹介したような使い方もできます。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150819.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 条件の値と項目名を連動させ... | トップ | 数字を全角で表示する(セル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事