時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

「絶対参照」で試してみる(エクセルで九九の表)

2015年07月25日 | エクセルとの連携
【単票用紙での名刺は 「はりの助」】

【エクセルで九九の表を作る】[2015/07/18]からの続きです。

九九の表を作成するのですが、それぞれのセルに入力するのではなく、一つのセルに入力した数式を残りのセルにコピーします。それで全てのセルがきちんと計算されるような数式を作成するのが課題です。

前回までで、「相対参照」のままでは上手くいかないことが確認できたと思います。
「相対参照」でダメなら「絶対参照」を試してみましょう。
次の図はB2セルに次の数式を入力して、そのセルの数式を残りのセルにコピーしています。
  =$A$2*$B$1



81のセル全ての計算結果が になってしまいました。
見事に失敗です。

サンプルファイルの数式を確認してください。
全てのセルの数式がB2セルと同じ
  =$A$2*$B$1
となっています。
「絶対参照」にしているので、どこにコピーしても参照するセルは変わらないからです。

どうしたらいいでしょうか。
考え方のヒントです。
まずB列だけで考えてみてください。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150725.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 数式で参照されているセルを... | トップ | 1列目は正しく計算された(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事