時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

条件の値と項目名を連動させる(COUNTIF関数)

2015年08月18日 | エクセルとの連携
【本日のお薦めは 「はりの助」】

範囲の中から指定の値の個数を求める [2015/08/13]からの続きです。

前回COUNTIF関数を を入力するセルの左側に条件の値を入力するセルを準備しました。
このような仕組にすることで値の変更が容易になっています。



しかし、値を変更すると項目名も変更しなければなりません。
一手間余計にかかります。
この問題を解決しましょう。

条件の値を使って項目名を表示すればいいですね。
【数値のセルの参照と文字列との連結】[2015/02/20]で説明した方法を使います。
& を使うと
  文字列文字列
  セルの値セルの値
  文字列セルの値
を連結することができます。

今回の場合はA13セルに
  =B13&"の個数"
と入力すると
  1の個数
と表示されます。
文字列は "" で囲むことが必要です。



ただし、このままでは数字が半角文字になっています。
JIS関数 を使うと、引数で指定した半角文字を全角文字に変換することができます。
  =JIS(B13)&"の個数"
全角文字を含めて指定しても、半角文字だけが変換されるので、
  =JIS(B13&"の個数")
のように連結した全体を引数にしても指定してもかまいません。

サンプルファイでは、
  A13セルは 半角のまま
  A14セルは 条件のセルだけを引数に指定
  A15セルは 連結した式を引数に指定
としています。
確かめて下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150818.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 条件を入力するセルを用意す... | トップ | 「セルの書式設定」で項目名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事