時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

「Ctrl + C・V」でのコピー・貼り付けはどうして早いのか

2015年05月26日 | パソコン活用
【お知らせの掲示は 「はりの助」】

「コピーして貼り付けの所要時間」[2015/05/20]からの続きです。

右クリックメニューやリボンよりも前回紹介した「Ctrl + C・V」(Cがコピーで、Vが貼り付け)の方が早いのはどうしてでしょうか。
右手でマウスを操作して、左手でキーを押すとして考えます。

コピーでは範囲を選択するためには画面を見ながらコピー元の文字をマウスでドラッグします。
次は左手で「Ctrl + C」を押します。

貼り付けはコピー先のセルをクリックします。
同じように左手で「Ctrl + V」を押します。

画面を見るのはマウスを操作しているときだけです。
「Ctrl + C」も「Ctrl + V」もキーを押すために画面を見る必要はありません。
キーボードも見ていません。



視線も含めて必要最小限の動きしかしていません。
それで早いのです。

コピー・貼り付けは頻繁に使う機能です。
それだけに、これが素早くできるかどうかで作業効率は大きく変わります。
指が勝手に動くように使い慣れて下さい。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コピーは「Ctrl + C」、貼... | トップ | 左手だけでもホームポジションに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン活用」カテゴリの最新記事