時間を生み出すブログ はりの助

「Ctrl + C・V」でのコピー・貼り付けはどうして早いのか

【お知らせの掲示は 「はりの助」】

「コピーして貼り付けの所要時間」[2015/05/20]からの続きです。

右クリックメニューやリボンよりも前回紹介した「Ctrl + C・V」(Cがコピーで、Vが貼り付け)の方が早いのはどうしてでしょうか。
右手でマウスを操作して、左手でキーを押すとして考えます。

コピーでは範囲を選択するためには画面を見ながらコピー元の文字をマウスでドラッグします。
次は左手で「Ctrl + C」を押します。

貼り付けはコピー先のセルをクリックします。
同じように左手で「Ctrl + V」を押します。

画面を見るのはマウスを操作しているときだけです。
「Ctrl + C」も「Ctrl + V」もキーを押すために画面を見る必要はありません。
キーボードも見ていません。



視線も含めて必要最小限の動きしかしていません。
それで早いのです。

コピー・貼り付けは頻繁に使う機能です。
それだけに、これが素早くできるかどうかで作業効率は大きく変わります。
指が勝手に動くように使い慣れて下さい。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「パソコン活用」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事