時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

「13月」?

2015年04月04日 | エクセルとの連携
【申請書類も 「はりの助」】

前月のセルの値に1を加えることを繰り返したので、「12月」の次のAC1セルは「13」になってしまいました。
同じようにAF1セルは「14」、AI1セルは「15」になりました。


これを修正するにはAC1セルを数式ではなく、単に「1」と入力します。
こうするとAF1セルはAC1セルの「1」に1を加えるので「2」となります。
同様にAI1セルも正しい値が得られます。

もう一つの不具合はAC4セルの数式です。
次の図は修正前です。

ここは1月なので、翌年にしなければいけません。
  =DATE(2016,AC1,1)
これで正しい曜日の「金」が表示されます。
この場合はAF4セルとAI4セルも直さなくてはいけません。

それ以外にも月末の処理が必要です。
30日までの月や2月にも不要な日が表示されています。
これは削除してしまうかか、文字色を白色にして見えなくすることもできます。

またIF関数で表示しない方法も考えられます。
閏年を考えるとIF関数や「条件付き書式」を使うのが良いかもしれません。
IF関数については改めて説明します。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150331.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1年間の曜日欄を作成する | トップ | 万年カレンダーにする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事