時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

順位付けの数式を絶対参照で修正

2015年03月12日 | はりの助活用
【チラシ作成も 「はりの助」】

前々回の順位付けの失敗は、順位を求めるための範囲がずれていったことが原因でした。次の図はその失敗を分かりやすくしたものです。


赤い線で囲まれた範囲の中で、緑で塗りつぶしたセルの点数の順位を、黄色のセルにRANK関数を入力して求めます。
対象の点数の緑のセルだけでなく、赤い線の範囲も相対的にズレています。
これでは正しい順位は得られません。

次図のように、赤い線の範囲は常に固定されていなければなりません。


この固定する範囲を絶対参照で指定します。

それでは、前々回の表で正しい数式を入力しましょう。


H2セル  =RANK(G2,$G$2:$G$6)
H3セル  =RANK(G3,$G$2:$G$6)
H4セル  =RANK(G4,$G$2:$G$6)
H5セル  =RANK(G5,$G$2:$G$6)
H6セル  =RANK(G6,$G$2:$G$6)

第2引数(赤い文字の部分)が絶対参照になっています。
第1引数は相対的に変化しているのに、絶対参照の部分は変化していないことを確認してください。

上図の成功例のシートを含めたサンプルファイルをダウンロードできます。
「sample_150310.xls」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 消費税率を「絶対参照」で参... | トップ | 「相対参照」と「絶対参照」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はりの助活用」カテゴリの最新記事