時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

エクセルの絶対参照の復習

2015年07月17日 | エクセルとの連携
【ファイルの背表紙は 「はりの助」】

「はりの助」の「レイアウト範囲」についての説明に区切りがついたので、またエクセルに戻ります。
「絶対参照」でまだ説明していないことがあったので、それについてです。

まず「絶対参照」の復習です。
「絶対参照」については、最初に相対参照との違いを説明しました。
【「相対参照」と「絶対参照」を理解するために】[2015/02/14]

エクセルで使われる「参照」という言葉については、次の記事で説明しています
【参照とはどういうことか】[2015/02/16]

数式で絶対参照を指定する方法は
【絶対参照の指定方法】[2015/03/02]
です。

絶対参照を使わないといけないのに相対参照を使ったために起こる失敗例も紹介しています。
【相対参照をコピーすると不具合が起こる】[2015/03/09]
【順位付けでの相対参照の失敗例】[2015/03/10]

絶対参照を使いこなすと、こんなことができるという例です。
【「絶対参照」の次のステップ】[2015/03/16]



ここまでで一度区切りをつけました。
次回からはいくつかの例をもとにして、次のステップを説明していきます。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 分割線表示を一時レイアウト... | トップ | エクセルで九九の表を作る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事