時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

ドラッグをせずに範囲を選択する方法

2015年06月05日 | エクセルとの連携
【ポップ作成なら 「はりの助」】

「コピーして貼り付けの所要時間」[2015/05/20]からの続きです。

今回の計測で「ワードでコピーするときにドラッグの終点が行き過ぎてしまった」という人はいませんか。
マウスは便利なのですが、範囲選択が一度で決まらないことはよくあると思います。
左右方向もそうですが、上下にぶれると全く意図しない部分が反転します。

文字の範囲選択にシフトキーを使うと確実で楽に操作できます。
まず選択したい文字列の始点(逆でも可)をクリックします。
次に終点に移動します(このときはマウスのボタンは押していません)。
終点でシフトキーを押して(押したまま)クリックします。
これで始点から終点までが選択できます。



選択範囲の修正も行えます。
シフトキーを押したままクリックすると,そこが終点となって選択し直されます。
ドラッグでの選択とクリックでの選択を組み合わせることもできます。

選択のし直しでの動作はソフトによって違いがあるようです。
じっさいに試して鯛かめて下さい。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セルの編集モードも保持され... | トップ | シフトキーと矢印キーで文字... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事