時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

参照とは特定のセルとつながりを持って値を利用すること

2015年02月26日 | エクセルとの連携
【1枚に1文字ずつ印刷して看板を作る 「はりの助」】
前回、参照についてまとめましたが、今回は違う表現をします。
参照とは特定のセルと「つながる」ことです。

これまでは「そのセルの値を利用すること」だけしか説明していませんが、この「つながる」ということが重要です。
正しい表現ではないかも知れませんがこのつながり方に「相対参照」と「絶対参照」の違いがあります。

次の図はA1セルに「参照元」と入力しています。
B1セルでこのA1セルを参照します。


B1セルは
  =A1
という数式になりますね。

この「=A1」の先頭の「=」は、このセルが数式ですよという印です。
次のように先頭以外でも半角の「=」を使うことがありますが、それはまた別の役割をします。
  =IF(A1=B1,"○","×")

数式は必ず先頭に半角の「=」を付けることが約束だと思って下さい。
その次の「A1」が、A1セルとつながりを持つことを表しています。
次回はこのつながりを実際に操作して確かめてみます。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 参照のまとめ | トップ | 参照とは特定のセルとつなが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事