時間を生み出すブログ はりの助

全てのセルに共通する部分がある(エクセルで九九の表)

【プライスカードは 「はりの助」】

【エクセルで九九の表を作る】[2015/07/18]からの続きです。

正しい計算結果が表示される表の数式を斜めに見てみます。
図のピンクのセルの数式を確認します。



青い文字が数式です(見やすいように空白を入れています)。
共通する部分がありますね。

B2 セル   = A2 * B1
C3 セル   = A3 * C1
D4 セル   = A4 * D1
E5 セル   = A5 * E1
F6 セル   = A6 * F1
G7 セル   = A8 * G1
H8 セル   = A8 * H1
I9 セル   = A9 * I1
J10セル   = A10* J1

掛けられる方のセル番地は全て列です。
掛ける方は全て行です。

これは、斜めのセルだからではなく、全てのセルに共通することです。
つまり
  =A○*◇1
となっています。

は行の数字です。
は列のアルファベットです。

また の数字は、数式が入力されているセルと同じ数字(行)です。
は、数式のセルと同じアルファベット(列)になっているのです。
これを数式にする方法を数回に分けて説明します。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150729.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「はりの助活用」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事