時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

数式で参照されているセルを、色分けして確認(エクセルで九九の表)

2015年07月24日 | エクセルとの連携
【二つ折り名刺は 「はりの助」】

【エクセルで九九の表を作る】[2015/07/18]からの続きです。

前回の説明では、数式で参照されているセルの関係が分かりにくかったと思います。
それで、図のように数式で参照されているセルを色分けして分かりやすくしたファイルを作成しました。



選択されているセルは赤で、数式の最初のセルは緑、後のセルは黄色で塗りつぶしています。
また選択されているセルの番地と入力されている数式も表示しています(これは図の上部に見えている、アドレスバーと数式バーの表示内容と同じです)。
さらに実際に計算される式も表示しています。

サンプルファイルの使い方
表の中の数式を選択しているセルを選択して、F9キー(再計算実行)を押してください。
F9キーを押した時点で、どのセルが選択されているかを認識して表示を切り替えます。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150724.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 失敗の原因は「相対参照」(... | トップ | 「絶対参照」で試してみる(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事