インピョと永遠に Amina

俳優・チャインピョのドラマから韓国にはまりだして。。。ただいま韓国語勉強中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソウル行き7時40分②

2018-06-26 06:58:08 | ソウル
私の場合は、南海電車なんば発5時45分関空行きに乗りました。
車両は、3か4両面がベストかと思います。

これ以上遅いと余裕?をもっての搭乗手続きが難しいと思います。

この電車に乗ると、ネットの検索画面ではもっと遅くに到着時間が表示されますが、実際は6時30分に関空の駅に到着します。


電車のドアが開いて、そのままエスカレーターに乗り、駅の改札をでます。
私が利用するのは、関空第二ターミナルですので、はや歩きで、第二ターミナル行きのバスに乗ります。この時点で、6時35~37分くらいだったと思います。


バスは5分ほどで、第二ターミナル到着です。

今はターミナルが国内と国際で別れてますので、国際ターミナルに向かいます。

ターミナルに入って、カウンターに並んだ時点で6時45分位でした。
何度か試しましたが、すでに並んでいる人がけっこういました。

シミュレーションを含め3回やってみました。

ただ、どこの場面でも少しの失敗も許されない状況ですので、けっこう緊張します。

このフライトだと、午前中にソウル市内にはいれますので、時間を有効に利用できますが、私は緊張と緊張に伴う疲れのため、東大門に宿泊して、余裕で歩いて東大門のナイトショッピングに行くつもりだったのに、その灯りを眺めながら部屋でねっころがってたので、何のために早朝フライト頑張ったのかわかりませんでした。

自宅からの説明をはしょってるんですが、友人には自宅からの緊張をともなう、状況を細かに説明したんですが、聞いてるだけで疲れると言われました。

🙌これは、私の人体実験に基づくお話しです。

同じようにされて、うまくいくかどうか保証の限りではありません。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ソウル行き7時40分 ① | トップ | 名古屋場所2018 »
最近の画像もっと見る

ソウル」カテゴリの最新記事