EMERALD WEB≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明。「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」

2018-01-24 12:24:10 | 総理

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明。「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」

2018.1.24 05:00   産経新聞

 安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため

訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を

「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については「高度な圧力の維持を

再確認したい」と述べた。


 首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式

に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。


 その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは

受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去について

も「当然強く主張することになる」と述べた。


 南北対話については「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。

この考え方も文大統領に明確に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開については「間違ったメッセージを与えることに

なる」と反対する考えを示した。


 日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。首相も一時出席見送りに傾いたが、北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。

首相は「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。


 北朝鮮情勢については「五輪期間中に挑発的な行動が抑制されるのはよいことだが、その間も核・ミサイル開発を続けている。

だからこそ制裁を維持し続けるということが大切だ」と指摘。北朝鮮の核保有については「NPT(核拡散防止条約)の根幹が崩れる

ことになる。断じて容認できない」と語った。


 一方、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国の挑発的な行動について「日本の領土、領空、領海は断固守り抜く。私たちの明確な

意志を見誤ってはならない。今後も毅然かつ冷静に対応する」と強調した。その上で「隣国ゆえに困難な問題もあるが、だからこそ

話し合わねばならない。アジアの平和と繁栄のために日中は大きな責任を共有している」と述べた。


 憲法改正については「憲法を制定する主役は国民だ。国民の理解が高まるように自民党ももっと努力しなければならない。

公明党ともよく議論してもらいたい」と語った。

平昌五輪開会式参加には、反対です。しかし首相が決断したのなら仕方ないですね。

何かを頼んでおきながら感謝をしない国ですので、あとで日本国民が悔しい思いをしなければ良いのですが。

慰安婦日韓合意については「舐めんじゃないよ」くらい言ってもらいたいですね。

段々腹が立ってきたので、一応官邸には「絶対反対」のメールしました。

https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html


コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  中国当局、香港書店オーナー... | トップ | CHINA初の無人宇宙実験... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わかりません。 (ハブグレジュンタのマミー)
2018-01-24 12:40:49
苦しい言い訳。信じられない。水面下で(国内で)どのような話し合いがあったんでしょうかね。二階の古だぬき、公明党とどのような裏取引があったのやら。国民が裏切られた感じになるのは当然と思います。韓国さぞいい気になっているでしょうね。こんなのだから、日本は馬韓国にまで馬鹿にされると思います。日本はちょろいって。
RE:わかりません。 (jiu)
2018-01-25 08:50:55
日中韓の首脳会談を東京で開催するでしょうし、東京オリンピックのこともあるので行く気になったのでしょうかね。
韓国の大統領がが日本にこなくても別にかまわないのにに。
公明党の意見が大きかったかもです。公明党は連立組んで保守のふりしてますが、全く違います。
北朝鮮にいいようにやられてるピョンチャン五輪。も~南北朝鮮の為のオリンピックですよ。しらけます。
そんなオリンピックになんか行ってもらいたくし、ポンコツ国家に気を遣う必要など全くないです。日本はアホや。

総理」カテゴリの最新記事