EMERALD WEB ≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

英フリゲート艦、南シナ海を航行へ 中国の反発必至

2018-02-13 15:33:28 | 領海・領土・領空

英フリゲート艦、南シナ海を航行へ 中国の反発必至

2018年2月13日 11:11 発信地:シドニー/オーストラリア   AFP
 

アラブ首長国連邦アブダビに寄港した英海軍の対潜フリゲート艦「サザーランド」

 

【2月13日 AFP】英国のガビン・ウィリアムソン(Gavin Williamson)国防相は12日、英海軍のフリゲート艦が来月、中国と周辺国が

領有権を争う南シナ海(South China Sea)を航行することを明らかにした。「航行の自由」を示す狙い。中国の反発を招く可能性が

高い。

 

 対潜フリゲート艦「サザーランド(HMS Sutherland)」が週内にオーストラリアに到着し、そこから南シナ海を航行する予定。

 

 ウィリアムソン氏は2日間のオーストラリア訪問を終えた後、同国の全国紙オーストラリアン(The Australian)に対し、

「サザーランドは(帰途に)南シナ海を通過し、我々の海軍にそうする権利があることをはっきりさせるだろう」と述べている。

 

 ただ、中国が主権を主張する海域や人工島から12カイリ(約22キロ)以内に入るかどうかは明言していない。

 

 その一方で、南シナ海での航行の自由をめぐって英国は「米国を完全に支持している」と表明。南シナ海で英豪など米国の

同盟国が「われわれの価値観」を示すことは重要だと強調している。

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習近平はなぜ平昌五輪に出席... | トップ | ムン氏、北朝鮮高官訪韓が嬉... »
最近の画像もっと見る

領海・領土・領空」カテゴリの最新記事