EMERALD WEB≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

馬毛島 日本政府が買収合意を正式発表

2019-12-03 19:48:57 | 軍事・兵器・訓練演習・自衛隊

 馬毛島 日本政府が買収合意を正式発表

2019年12月02日 23:34     SPUTNIK
 
 

菅義偉内閣官房長官は2日の記者会見で、米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転候補地である

馬毛島(まげしま、鹿児島県西之表市)について、日本政府が地権者の「タストン・エアポート」社

との間に約160億円の買収合意に達したと発表した。


記者会見で菅官房長官は、防衛省と地権者が11月29日、一定の合意に達したと説明。

また、菅官房長官は「(FCLPの)施設の確保は安全保障上の重要な課題だ。早期に恒久的な施設を

整備できるよう引き続き取り組んでまいりたい」と述べた。

さらに、菅官房長官は、買収額は適正なものとの考えを示し、今後は正式な買収手続きを進めたうえで、

地元への理解を求めていきたいと述べた。


 馬毛島は種子島の西約12キロあり、広さは約8平方。2011年の日米合意で、馬毛島を硫黄島

(東京都)で暫定実施されているFCLPの移転候補地とすることが決められた。

これは硫黄島が、空母艦載機の拠点である米軍岩国基地(山口県)から約1400キロと遠く離れて

いるため、それよりも岩国から400キロと近い馬毛島に訓練施設を移転するよう米政府が要請して

いたため。

 

馬毛島160億円で買収合意/菅官房長官 定例会見 【2019年12月2日午前】

 



人気ブログランキング


この記事についてブログを書く
« トランプ陣営、今後はブルー... | トップ | 日本で反臓器濫用シンポ。弁... »
最近の画像もっと見る

軍事・兵器・訓練演習・自衛隊」カテゴリの最新記事