EMERALD WEB ≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

キューバで旅客機墜落、乗客乗員110人 死者100人超か

2018-05-19 20:04:37 | 事故・事件

キューバで旅客機墜落、乗客乗員110人 死者100人超か

2018年5月19日 11:54 発信地:ハバナ/キューバ   AFP

 

【5月19日 AFP】(更新)キューバ国営航空機が18日、乗客104人乗員6人の計110人を乗せ首都ハバナの空港を離陸した直後に

墜落した。機体はほぼ完全に破壊され、残骸から煙がくすぶり続けている。同国のミゲル・ディアスカネル(Miguel Diaz-Canel)

国家評議会議長は、多数の死傷者が出たもようだと述べた。

 

 墜落したのはキューバ航空(Cubana de Aviacion)が運航するボーイング737(Boeing737)型旅客機で、墜落現場は

ホセ・マルティ(Jose Marti)空港近くの林に隣接する土地。AFP記者によると、現場には悪臭を放つ濃い煙が立ち上った。

 

 国営メディアは、大破した機体から女性3人が救出され病院に運ばれたものの、深刻な容体だと伝えている。

 

 事故機をキューバ航空にリースしていたメキシコ企業グローバルエア(Global Air)によると、搭乗していた乗員は機長と副操縦士、

客室乗務員3人、メインテナンス技術者1人の計6人で、6人ともメキシコ人だという。

 

 メキシコの通信・運輸省は、事故機は1979年に製造されたもので、グローバルエアはリースするために必要な許可を得ており、

機体は昨年11月の検査にも合格していたと発表した。

 

 機体は墜落とその後の火災でほぼ完全に破壊されており、他の生存者の発見はほとんど望めない状況。

現場を訪れたディアスカネル議長はAFPに対し、「多数の犠牲者が出ているようだ」と述べ、事故原因の調査が進められていると

明らかにした。キューバ政府は2日間の服喪を宣言した。

 

 アルゼンチン外務省によると、犠牲者のうち2人はアルゼンチン人だった。キューバの国営メディアは、それ以外の犠牲者の

ほとんどはキューバ人だったと伝えている。

 

 空港筋によると、同機は午後0時8分(日本時間19日午前1時8分)に離陸し、670キロ離れた東部のオルギン(Holguin)市に

向かう途中だった。

 

 空港近くにある勤務先のスーパーマーケットにいたというホセ・ルイス(Jose Luis)さん(49)は、離陸した事故機が機体を

横に傾けて地面に落ちるのを見たと語った。「離陸したのを見ました。すると突然旋回して落ちたんです。皆が驚きました」


国営キューバ航空機が首都ハバナのホセ・マルティ空港を離陸した直後に墜落した事故の現場(2018年5月18日撮影)

『ラテンアメリカ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« イスラム教徒に豚とアルコー... | トップ | 中国爆撃機、南シナ海の島に... »
最近の画像もっと見る

事故・事件」カテゴリの最新記事