EMERALD WEB ≪拝啓 福澤諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

南アフリカの砂漠に大雪 ゾウ、キリン...野生動物が雪の中に佇む

2018-09-15 06:10:05 | 自然

南アフリカの砂漠に大雪 ゾウ、キリン...野生動物が雪の中に佇む

2018年9月14日(金)12時50分    Newsweek
 

南アフリカの国立公園で雪の中で佇む野生動物 

 

<そろそろ春になる南アフリカで、大雪が降り、乾燥したサバンナが一面雪景色となった...>

半砂漠でも積雪

北半球では暑かった夏がそろそろ終わりようやく凌ぎすくなって来たが、南半球では春になるところだ。

しかし南アフリカでは7日の金曜日から週末にかけて、雪が積もった。普段は乾燥したサバンナが雪景色に変わり、

キリンやサイ、象などのアフリカの野生動物たちが、白い雪を背にして立っている姿をとらえた珍しい写真が、

ソーシャル・メディアを賑わせた。


ガーディアン紙や英デイリーメール紙などによると、週末に降雪があったのは西ケープ州や東ケープ州といった

南アフリカ南部を中心とした広い地域。西ケープ州にある半砂漠のカルー国立公園でも積雪がみられ、

幻想的な景色が広がった。気温は氷点下まで下がり、一部では積雪が25センチにもなった地域もあったという。

東ケープ州では道路が閉鎖されるほどだった。


東ケープ州在住の写真家、キティ・フィルヨーンさんは、今回雪が降った地域の1つであるスネーウで、

雪の中で佇むキリンや象の姿を撮影した。

メトロ紙によると、スネーウという名前は現地の言葉で「雪山」という意味だ。その名前が示す通り、

この地域での降雪はそれほど珍しいことではないらしいが、前回大雪が降ったのは2010年だったという。


フィルヨーンさんは、「動物たちは、雪になるのが事前に分かるので、暖かい地域に移動してしまう」と説明した。

そのため、このような写真を撮ることができるのは珍しいようで、「象が泳ぐ姿を見るのには慣れているんだけど」と

メトロに話した。

 

今年7月にも急激な寒波に見舞われた

アフリカは暑いと言うイメージから、雪がまったく降らないと思っている人が多いかもしれない。

しかし南アフリカの「雪好き」たちが運営しているという南アフリカでの雪に関する専門サイト「スノー・リポートSA

は、「実はそんなことはない」と語る。


「スノー・リポートSA」のデータを引用して伝えた英イブニング・スタンダード(ES)紙によると、

20世紀に入ってからは毎年積雪しているらしい。とはいっても、暑くて乾燥した場所に生息するイメージの

キリンやサイ、アンテロープ、象などといった南アフリカの野生動物が、白い景色の中で写真に収められるのは

珍しいとES紙は伝えている。


なお、南アフリカは今年7月にも急激な寒波に見舞われ、10年に1度と言われる積雪があった。

 

Giraffes Elephants Left Covered in Snow After Freak Blizzards Hit Africa

 

 
『アフリカ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ウイグル族を「QRコード」で... | トップ | <中共のキリスト教弾圧>: ... »
最近の画像もっと見る

自然」カテゴリの最新記事