思う存分楽しめ!広告業界就職活動学生 ~09年度新卒へ~

これまで広告業界を志望した人達が、これから広告業界を志望する人達へメッセージを送るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の就職活動本の用途

2005-08-12 04:13:00 | Weblog
 どうも、ライターの孫子です。

 そろそろ、「面接の達人」や「絶対内定」などの就職活動本がリニューアルされる時期ですね。皆さんの中には、すでにこれらの就職活動本を何冊か購入なさっている方がいらっしゃるかと思います。今日はそういった、就職活動本について書こうと思います。

 まず、私は、面接の達人ユーザーでした。そして私のこの本の用途は、就職活動の疑問に対する答え得るためです。

 つまり「就職活動がどういうものかを知るため」それだけの目的で使用しました。

 実際、今就職活動を振り返ってみて、就職活動本があったから面接が通過できた、いいエントリーシートを書くことができた、と思ったことはありません。

 傲慢なようですが、これはある意味当然のことだと思います。

 就職活動本は多くの方が読んでいらっしゃいますから、差別化にはあまりなりません、しかも就職活動本に書いてあることを同じように実行したからといって、面接が通過できるほど選考は甘くないと思います。

 ですから今振り返って、就職活動本の効果を挙げるなら「他者に遅れをとらない」ことです。

 ありきたりなパターンや、間違いのケースなどを紹介してありますので、その他大勢がどういう思考回路で動いているのかを知るには効果的だと思われます。

 また、就職活動本には、たいへん行動力のある人の事例などが紹介されています。そうした人の記事を読むことで、「僕にはできない」とあきらめるのではなく、自分に発破をかけ、就職活動に対する意識意欲を高めるように用いることをオススメします。

 就職活動本を読むこと、このことで、他の人との差別化をはかることはできません。

 就職活動本を読んだ後の行動で、他者との差別化をはかってください。


<この時期やっていたらよかったと思うこと>

 いまから取れる具体的な行動の一つとして、ニュースに対する感度を高めておくことをオススメします。

 それには、新聞をとることが効果的だと思います。

 新聞には広告も載っていますから、詳細な情報が得られる上に、どういう企業、商品が広告を出しているのかを見ることもでき、一石二鳥です。

 さらに、多くの面接官は新聞を読む世代の方々だと思います。

 前回も言いましたが、相手のことを思いやるためには、相手と同じメディアに触れることも肝心です。

 これからやってくる就職活動への準備、早ければ早いほど他者との差別化ができます。がんばってみてください。

 新聞については広告業界就職フォーラムの広告業界就職ノススメにある
 「再販制度と新聞業界(前編)」
 「再販制度と新聞業界(中編)」
 「再販制度と新聞業界(後編)」
 も、ご覧下さい。たいへん為になります。

 広告業界就職フォーラム:http://homepage3.nifty.com/adunion/

                   平成17年8月12日 孫子
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« お金のお話。 | トップ | 最低限の礼儀 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そのとおり! (109 06)
2005-08-15 03:29:20
あたしもかなり就職本にはお世話になったな~

そうなんだよね、読んだあとの行動が大切なんですよね、ほんと。



つい読んだだけで満足しがちだけど、

読んでるのはみんな同じってことですな~。





新聞もよく読みました^^;

はじめは読むのに苦労してたのに、

慣れてくると、全然フツーに読めるように

なるんだな、

コレがww

慣れは、人間が持つ能力ですな(良くも悪くも)





孫子の文章にはいつも感心させられる109でしたw

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事