クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

押し花作品の寿命にびっくり

2014年08月20日 14時51分03秒 | 美術展
『 会を始めて20年経っていますから、少なくとも20年は、もちますよ。 』 の返事にびっくり。
昨日拝見した “ アトリエ・アキ 押し花作品展 ” の受付に座ってみえたご婦人の回答です。
色鮮やかな花々を額の中に閉じ込めて、再構成された押し花作品。
今、まさに咲き始めた時の風合いが保たれています。
こういった作品は、何年もつのかなと、お尋ねしたご返事です。

「 薬品処理とか、保存のためになにか特別のことをするんですか? 」 と、更にお聞きすれば。
『 空気を抜くことと、乾燥材を使っています。 』 とのこと。
ふぅぅ~~ん、すごいですね。
いつまでも自然の味わいが保たれるとは。

花びらの1枚、1枚。
しべの1本、1本。
そして花粉の1粒、1粒。
精緻に並べられ、作者によって新しい息吹があたえられた美しい押し花作品。
その全てが、新鮮な色合いをいつまでも保つというのは素敵なことです。

49人の方が出展し、その内1人だけがご夫婦で活動してみえる男性です。
『 興味があれば、やってみませんか。見学だけでもOKですよ。 』 と私も誘われたのですが、思わずお断りしてしまいました。
思いきって飛び込んでやってみると、多くの女性に取り囲まれてきっと楽しいでしょうね。

“ アトリエ・アキ 押し花作品展 ” は、岐阜県美術館県民ギャラリーで24日(日)まで開催中です。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽やかな女性の息遣いが満ち... | トップ | いわさきちひろとフェルメー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術展」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事