世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

憲政史上初、「退位礼正殿の儀」が執り行われた。

2019-04-30 22:46:07 | 人物
日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2019年04月30日に、午後5時すぎ、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」が執り行われ、モーニング姿の陛下とロングドレス姿の皇后さまが入室し、皇位の証しとされる三種の神器のうち、剣と璽(じ)(まが玉)、国事行為で使われる印章の御璽(ぎょじ)と国璽が侍従によって持ち込まれ、皇太子ご夫妻ら成年皇族が続いた。

https://time-az.com/main/detail/68318

国民を代表し、安倍晋三首相が皇室典範特例法に基づく退位であることを表明し、約30年の在位に感謝の意を伝えた。

陛下は、国民に向けて在位中、最後となるお言葉を述べられたと報告した。



陛下のお言葉は、
「今日こんにちをもち,天皇としての務めを終えることになりました。(Today, I am concluding my duties as the Emperor.)」
「ただ今,国民を代表して,安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に,深く謝意を表します。(I would like to offer my deep gratitude to the words just spoken by Prime Minister Shinzo Abe on behalf of the people of Japan.)」
「即位から30年,これまでの天皇としての務めを,国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは,幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ,支えてくれた国民に,心から感謝します。(Since ascending the throne 30 years ago, I have performed my duties as the Emperor with a deep sense of trust in and respect for the people, and I consider myself most fortunate to have been able to do so. I sincerely thank the people who accepted and supported me in my role as the symbol of the State.)」
「明日あすから始まる新しい令和の時代が,平和で実り多くあることを,皇后と共に心から願い,ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。(I sincerely wish, together with the Empress, that the Reiwa era, which begins tomorrow, will be a stable and fruitful one, and I pray, with all my heart, for peace and happiness for all the people in Japan and around the world.)」と述べられると、原稿から顔を上げて参列者を見渡した。



この儀式には、天皇、皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻ら皇族方、三権の長や地方自治体の代表ら約300人が出席した。

2019-04-02---新元号の極秘任務「黒衣」の仕事。
2018-12-11---天皇陛下の退位日決定、議事録「なし!」
2017-12-25---退位後の両陛下補佐として、新設「上皇職」は65人程度。
2017-04-26---法案名「天皇の退位」で、特例法案骨子まとまる。
2017-04-07---天皇退位に伴う美智子妃殿下の称号は、「上皇后」で政府最終調整。
2017-03-22---天皇陛下の退位後の呼称、「上皇」で最終調整。
2017-02-28---天皇、皇后両陛下は、初のベトナム訪問に出発。
2016-08-23---「度胸の天皇陛下」
2016-08-08---天皇陛下、「象徴の務め」身体の衰えで懸念。
​​​​​​​

ニュージーランドの世論調査、首相支持率が51%に上昇。

2019-04-30 21:27:56 | 人物


p>アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、ニュージーランド(New Zealand)の調査会社コールマー・ブラントン(Colmar Brunton)が行った最新の世論調査で、「好ましい首相」について、アーダン首相(New Zealand Prime Minister Jacinda Ardern)の支持率が前回比7ポイント上昇の51%となり、アーダン首相にとって過去最高となったと報告した。


 


https://time-az.com/main/detail/68317 


 


3月に起きたモスク乱射事件後のリーダーシップが評価されたようだと分析した。


一方、野党国民党のブリッジス(Simon Bridges)党首は1ポイント下落の5%で、アーダン首相と大きく差が開いていると、ラジオNZ(RNZ)などが伝えた。




インドネシア首都移転「遷都」先は、ジャワ島外に、決定!

2019-04-30 20:28:41 | 政治


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領(President Ir. H. Joko Widodo)は、首都をジャカルタ(Jakarta)からジャワ(Java)島外に移転する方針を固めたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68316

2019年04月29日に開かれた、首都移転に関する閣議後、BAPPENAS(Badan Perencanaan Pembangunan. Nasional/National Development Planning Agency/国家開発企画庁/バペナス)のバンバン(Bambang Brodjonegoro)長官が明らかにした。



内閣官房の声明によると、バンバン長官は首都機能を置く場所について、
(1)引き続きジャカルタとするが、大統領宮殿と独立記念塔(モナス)周辺に行政機関を集約する。
(2)ジャカルタから半径約50~70km圏の郊外とする。
(3)ジャワ島外とする――の三つの案が閣議で出されたと説明した。

バぺナスは三つ目の案を提案、大統領もこの案を選んだ。
インドネシアの経済は、GDP(Gross Domestic Product/国内総生産)の6割近くを占めるジャワ島に集中していたが、首都をジャワ島外に移転することで発展を促す狙いがある。

バペナスは、首都を移転する際に必要な費用は323兆~466兆ルピア(約2兆5,430億~3兆6,689億円)と試算している。
​​​​​​​

エアアジアの貨物部門、オマーン航空と提携。

2019-04-30 19:04:21 | ロジスティクス


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、マレーシアのLCC(Low-cost carrier/格安航空会社)エアアジア・グループ(AirAsia group)は2019年04月29日に、航空貨物・物流子会社レッド・カーゴ・ロジスティクス(Red Cargo Logistics)とオマーン航空(Oman Air)が、両社の得意とする路線ネットワークを相互に活用していくために、提携したと発表した。

https://time-az.com/main/detail/68315

レッド・カーゴ・ロジスティクスはオマーン航空と提携することで、アフリカやイギリスなど、ヨーロッパへアクセスできるようになる。オマーン航空は、東南アジア地域を中心としたエアアジア・グループの週5,000便以上のフライトを活用した物流サービスを展開していく。

レッド・カーゴ・ロジスティクスの最高経営責任者(CEO)ピート・シャレオンウォンサク(Pete Chareonwongsak)は、声明で「提携は両社が域内での電子商取引(EC)の成長を取り込む上で、重要な事例になる。」と述べた。


韓国の政府系産業銀行、日本M&Aセンターと業務提携。

2019-04-30 18:28:10 | 自動運転


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、韓国の政府系IBK(Industrial Bank of Koreaz/기업은행/産業銀行/中小企業銀行)は2019年04月28日に、中小企業のM&A(Merger&Acquisition/合併・買収)の仲介を手掛ける東京都千代田区の日本M&Aセンターと業務提携を結んだと発表したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68314

日本の中小企業の間では、経営者の高齢化と後継者難から事業売却ニーズが高まっている。

産業銀行は同センターから売却を希望する日本の中小企業のリストの提供を受けて、日本進出を検討している韓国の中小企業に紹介する。


香港の2019年第1四半期経済成長鈍化、1.3%以下!?

2019-04-30 17:51:34 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、香港政府の陳茂波(陈茂波/ポール・チャン)財政長官は2019年04月28日に、自身のブログを更新し、香港経済の成長率が2019年第1四半期(01~03月)に鈍化したと指摘した。

世界的な先行き不透明感が香港経済に影響し、成長率は前四半期(2018年10~12月)の1.3%を下回ったという。

https://time-az.com/main/detail/68313

輸出や小売売上高の不振が悪材料になったほか、比較対象となる前年同期の数値(4.6%成長)が高かったことも成長率鈍化の理由に挙げた。

一方、香港を訪れる旅行者の増加を受けて、第1四半期はサービス輸出が上向いたと指摘した。

失業率が依然低水準で推移しているほか、各種の景況感指数が改善に向かっていることも紹介した。

陳財政長官は「第1四半期の経済成長率はわずかな伸び幅にとどまる」と表現したものの、中国本土経済の回復や米中貿易摩擦の緊張緩和、香港株式市場の復調といった好材料を列挙し、「今後の見通しを過度に心配する必要はない」と強調した。

これ以上香港経済が落ちたら、取り返しが効かなくなる。

中国人民銀行、2019年08月から、新デザインの紙幣と硬貨発行。

2019-04-30 17:01:56 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月30日に、中国人民銀行(中国人民银行/中央銀行)は2019年04月29日に、偽造防止と流通寿命向上のため、人民元の一部紙幣、硬貨のデザインを変更し、2019年08月30日から発行すると発表した。

https://time-az.com/main/detail/68312

変更されるのは50元、20元、10元、1元の各紙幣と1元、5角、1角の各硬貨。

全体的デザインは従来のものを基調とする。紙幣は現行のものより鮮やかな色彩となり、偽造防止策が強化される。

それでも肖像は毛沢東であった。

もう、中国は紙幣や硬貨を無くすこともできる。

そういえば、中国の紙幣ほど多くの贋金がある通貨は少ないと言われたことがあった。



2019-01-22---中国の銀聯決済、2018年は28%増の120.4兆元(約1,950兆円)
2019-01-04---中国のモバイル決済ユーザーが2023年までにほぼ10億人に達する。
2019-01-02---中国は小売業者が現金を拒絶し、教育的指導を実施!
2018-12-10---中国の小売業者に、モバイル・マネーだけの選択に対して警告。
2018-09-20---習近平総書記、国民が求める改革を推進!?
2018-03-11---中国全人代、国家主席の任期撤廃の改憲案を圧倒的多数で可決。
2018-02-07---中国のUnionPayは、急速にモバイル進化!
2018-02-06---中国銀聯の決済、2017年は28.8%増の93.9兆元。
2017-08-14---中国銀聯カード、年内にロシア全域の8割を網羅。
2017-04-11---偽造銀聯カードで不正引き出し、台湾の男3人逮捕。
2014-11-25---中国のクレジットカードの巨人は支払いappを計画。
2014-11-17---中国のUnionpayは、アップルのApp Storeでオープン。
2013-07-22---中国銀聯は、モバイル財布に続いて、消費者ペイメント・デバイスを開始。
2013-07-15---中国銀聯はモバイル財布を始める。
2011-11-24---中国のプラスチック・マネー「銀行カード」が28億枚突破!
2011-11-16---北京で2011年10月にカ−ド利用者が37%増で、79億6000万元になった。
2011-10-13---年内に韓国で、ロッテカードが「銀聯」を発行。
2011-10-12---中国のモバイル・ペイメント・コンシューマーが年末に2億3000万を超える!
2011-04-09---「金」しか信用しなかった中国人が、プラスチック・マネーを信頼?
2011-02-09---中国のカード保有者消費信頼感指数が低下した!
2011-01-04---中国版デビットカード「銀聯カード」、正月三が日の取引額が前年比4割増。
2010-09-30---中国でモバイル決済業が急成長。
2010-08-09---中国で、個人経営の通販サイトが1200万店になった。

中国で偽QRコードを使う詐欺決済多数発覚!

2019-04-30 15:37:28 | 犯罪と裁判


日本経済新聞 電子版は2019年04月29日に、QRコードは、飲食店の支払いや飛行機の搭乗手続きなどで使われるようになってきた。

消費者にとって便利な決済手段になりつつあるが、一方で安全性をどう確保していくのか課題もみえてきた。
QRコード先進国と言われる中国では偽造コードを使った詐欺が起きている。
日本でも急速にサービスが普及する中で、対岸の火事とは言えない現実が見えてきたと報告した。


https://time-az.com/main/detail/68311

上海市内の男性会社員は、駐車禁止エリアに車を止め、仕事を終えて車に戻ると違反切符が貼られていた。「支払いはこちらをスキャンしてください」と書かれたQRコードが印刷されていた。

男性はスマートフォン(スマホ)でQRコード決済「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使ってコードを読み取り、200元(約3300円)を支払った。

しかし、その数日後、警察から「まだ罰金が支払われていないので早急に払うように」という催促の通知が送られてきた。

男性の車に貼られていた違反切符は偽物だった。QRコードは偽物の切符を作った個人のウィーチャットペイのアカウントで、プロフィルには警察官の衣装を着た男性の写真を掲載。パッと見ただけでは気付かなかったそうだという。

QRコードの内容確認が確実に準備されていないと、同様の事件は起こる。

それは、偽Webサイト詐欺と同じ手口の偽QRコード詐欺である。

中国ではQRコードを使った偽物の違反切符を利用した詐欺が多発。

警察が「QRコード付きの違反切符は必ず警察官が違反者に手渡す。車に貼るのはQRコードが付いていない違反切符だけ」と注意を呼びかける事態となった。

しかし、偽警察官が違反者にQRコード付きの違反切符を手渡す犯罪も起こるだろう。

さらに、QRコードが付いていない違反切符の上に、偽のQRコードを貼ることも可能である。

さらに、QRコードはスマホの画面で四角形の白黒の模様を読み取る。模様に少しの汚れがあったり、わずかな欠損があったりしても、自動補正できるレベルなら、QRコードを読み取ることができる。

この機能を利用した詐欺も登場している。

例えば、QRコードの白黒の斑点のある部分を灰色に変えることで、不正なWebサイトに誘導できる恐れがある。

また、撮影角度を変えると、不正なWebサイトに誘導できる恐れもある。
​​​​​​​

カンボジア国立銀行、中国の現金が使われないように明確化!

2019-04-30 14:55:49 | モバイル・マネー


カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2019年04月29日に、NBC(National Bank of Cambodia/カンボジア国立銀行)の関係者は日曜日に、人民元による中国の通貨での取引に関する最近調印された合意は、個人との毎日の取引ではなく、銀行と金融機関にのみ適用されると明言したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68310

こも説明は、中国銀行とカンボジア観光省との間のMoU(Memorandum Of Understanding/覚書)の調印に関する一連の報告の後に行われた。

MoUは、国内のホテル、レストラン、旅行代理店で、Union Pay(ユニオンペイ)、WeChat Pay(ウィチャットペイ)、Alipay(アリペイ)などの電子決済システムの確立を促進することを目的としていた。

一部のWebサイトでのMoUの報告が、US$と同じ方法で人民元を使ってカンボジアの日常の支払いを許可していたという誤った考えの一因となった。と、NBC事務局長チェ・ セリー(Chea Serey)に代わって語った。

当局者によると、チェ・ セリーは、NBCが国境を超えた商取引(cross-border trade)のための人民元の使用を許可し、デジタル支払いで国内での小売業取引における中国通貨の使用を推進したいという意味ではなかったと述べた。

彼女は、MoUが、銀行システムに導入されることを単に意味するので、単に商品購入のため、米ドルとのように、人民元が流通することを許さないであろうと言いった。

自動車ECのドゥルーム、タイに進出!

2019-04-30 12:19:28 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月29日に、インド最大の自動車マーケットプレイスを運営するDroom(ドゥルーム)は2019年04月27日、タイでサービスを開始すると明らかにしたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68309

Droomは2018年10月にマレーシア、2018年12月にシンガポールでEC(E-Commerce/電子商取引)サイトを立ち上げており、タイは海外進出3カ国目となる。

サイトはタイ語で運営。英語以外でサービスを提供するのは初めてとなる。

Droomは、企業間や消費者間、企業と消費者間の取引の仲介役を担っている。新車と中古車の両方を扱い、インドのインターネットを介した自動車取引での市場シェアは78%を超えるという。