世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

香港の駐在員コスト、2018年は6位に後退。

2019-05-26 11:53:19 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月23日に、香港の「経済日報(經濟日報)」2019年05月22日に、イギリスの人材調査会社のECAインターナショナル(ECA International)が2019年05月21日に発表したリポートによると、香港に出向する駐在員1人当たりにかかった2018年の平均コストはUS$27万6,417(約3,050万円)だった。

調査対象国・地域のうち、香港は前年から順位を1つ下げ6位に後退したと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68592

中国本土に出向する駐在員の2018年の平均コストはUS$31万204。人民元の上昇や給与の引き上げなどを背景に、順位は前年から1つ上がって3位となった。

駐在員コストの1位はイギリスで、1人当たりUS$42万1,798。香港のライバル都市であるシンガポールは、香港を大幅に下回る19位(US$23万6,258)となった。



そういえば、ドイツ人の日本法人責任者の給料を聞いて驚いた!

2019-04-17---出張費が高い都市ランキングで、シンガポールはアジア4位に後退。
2019-03-14---駐在員の住宅賃貸費、クアラルンプール月平均US$1,621。
2019-01-29---シンガポール、14年連続で住みやすい都市ランク世界首位。
2018-05-28---2017年の香港の駐在員コスト。世界5位!日本は、世界1位!
2011-12-07---生活費が高いアジアの都市リスト。
​​​​​​​
この記事についてブログを書く
« 100億円を調達したセブン・ド... | トップ | ゲーミングディスプレー出荷... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事