世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

サウジ女性、カナダへ亡命!

2019-01-14 12:20:59 | 人物



毎日新聞は2019年01月12日に、タイのメディアなどが2019年01月12日に、タイのスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)で拘束された後、家族の虐待などから逃れるためとして第三国への亡命を目指していたサウジアラビア人の18歳の女性ラハフ・ムハンマド・クヌン(Rahaf Mohammed al-Qunun)が2019年01月11日に、カナダに向けて出発したと報じたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/67199

カナダのジャスティン・トルドー首相(Canadian Prime Minister Justin Pierre James Trudeau)は2019年01月11日の記者会見で「カナダは人権や女性の権利を擁護する重要性を理解している」と述べ、ラハフ・ムハンマド・クヌンを難民として受け入れることを明らかにした。

日本の場合は、どう答えるのだろう。

クヌンさんは「帰国させられれば生命の危険にさらされる」とTwitterで助けを求め、UNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees/国連難民高等弁務官事務所)に2019年01月07日に、保護された。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は2019年01月06日、タイのサウジアラビア大使館(Saudi embassy in Thailand)とリヤド(Riyadh)当局者に取材したが、コメントを得ることができなかったと報告している。

私の知人は、ネパールで日本の大使館が横柄だったとして、フランスの大使館に亡命手続きをし、許可されたことがあった。

もっと、気軽に亡命ができるべきだ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Ethereumのハードフォーク。 | トップ | こんどはポーランドで、Huawe... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事