世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フマキラー、ミャンマーのティラワに生産工場整備。

2018-03-06 17:48:31 | 健康


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月05日に、殺虫剤大手のフマキラーは2018年03月02日に、ミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワSEZ(Thilawa Special Economic Zone Class A, Yangon Region, the Republic of the Union of Myanmar)に、殺虫エアゾール(スプレー)の生産工場を建設すると発表した。投資金額は6億円で、2019年05月の稼働を見込んでいる。

http://time-az.com/main/detail/63480

ミャンマーでは現地法人ベープ・ミャンマーが、現地業者を通じ、グループ会社の殺虫エアゾールを輸入、販売している。新会社のフマキラー・ミャンマー(Fumakilla Myanmar Limited)を設立し、政府から生産活動の認可を取得して工場を整備する。

ASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)の中でも成長が見込まれ、市場規模が大きいと判断し、事業を拡大する。

新会社の設立時期は3月下旬から4月中旬。資本金は約7億円で、出資比率はフマキラー85.7%、フマキラー・マレーシア14.3%となる。フマキラーの連結子会社と位置付け、取締役を派遣する。

ミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワSEZ(Thilawa Special Economic Zone Class A, Yangon Region, the Republic of the Union of Myanmar)の緯度、経度
16°40'08.7"N 96°16'29.7"E
または、
16.669094, 96.274914

20170601header_logo_corporate.png

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 韓国のIBK企業銀行は、日本の... | トップ | カンボジア与党が上院選の全... »
最近の画像もっと見る

健康」カテゴリの最新記事