世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

全米ゴルフ協会「PGA」が身代金ウイルス感染、犯人はBitcoinを要求!

2018-08-13 11:04:01 | 犯罪と裁判


Forbes JAPANは2018年08月12日に、男子ゴルフの米国ツアーメジャー最終戦の第100回全米プロゴルフ選手権がスタートしたが、2018年08月09日に、主催する全米プロゴルフ協会(PGA of America)のネットワークが、身代金ウイルスに感染していたことが明らかになったと報告した。

https://time-az.com/main/detail/65418

ゴルフ専門誌「Golf Week」の記事によると、身代金ウイルス「ランサムウエア(Ransomware)」によって今回の大会運営に関わるドキュメントのいくつかが暗号化され、閲覧不可能になっているという。PGA選手権に関連した重要なファイルからBellerive Country ClubとフランスのRyder Cupを締め出した。また、イベントの告知用の素材及び、大会のロゴなどが含まれているという。

PGAのスタッフは2018年08月07日火曜の朝に、ファイルを処理しようとしたときにシステムが侵害されたと認識した。

そこには、メッセージとして、
“Your network has been penetrated. All files on each host in the network have been encrypted with a strong algorythm [sic].”

“This may lead to the impossibility of recovery of certain files,”

観戦されたファイルには。「PGA Championship at Bellerive」と来月の「Ryder Cup in France」のデータはあった。

さらに、
“We exclusively have decryption software for your situation,”

“No decryption software is available in the public.”と書かれていたと、伝えている。

セキュリティ企業「Bleeping Computer」はPGAのシステム上に残された文言が、BitPaymerと呼ばれる身代金ウイルスのものと類似していると指摘した。

2017年には、「WannaCry」の攻撃で、200,000のコンピュータが感染した。

2016-01-28---Bitcoinなどで、企業狙う身代金ウイルス被害が拡大。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 記憶の書き換えに、マウスで... | トップ | ロシアの隕石から、宇宙で生... »
最近の画像もっと見る

犯罪と裁判」カテゴリの最新記事