世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

オランダの画家で、彫刻家のカレル・アペルが生まれた。

2019-04-25 22:55:37 | 人物


ArtDailyは2018年04月25日に、オランダの画家で、彫刻家で、詩人であったクリスチャン・カレル・アペル(Christiaan Karel Appel/1921 - 2006)がオランダのアムステルダム(Amsterdam)のDapperstraat 7で、1921年04月25日に生まれたと報告した。

子供の頃、彼は「Kik」と呼ばれていました。

https://time-az.com/main/detail/64107

一階に彼の父ジャン・アペル(Jan Appel)が経営する理髪店があった。
母親ヨハンナ・シェヴァリア(Johanna Chevalier)は、フランス系プロテスタントの民族系グループユグノー(Huguenots)の子孫であった。

彼は、14歳から絵を描き始め、1940年代.にアムステルダムの王立芸術アカデミー(Rijksakademie van Beeldende Kunsten in Amsterdam)で勉強した。

彼は、1948年に前衛的な活動コブラ(Cobra)の創立者のうちの1人であった。

彼はまた、貪欲な彫刻家で、Great Samo美術館と、MoMA(Museum of Modern Art, New York/ニューヨーク近代美術館)で、作品の特別展が開催された。

今回公開された作品は、カレル・アペルが1951年にキャンバスに油彩で描いた「Big Bird Flying Over the City」で、おおきさは49 3/16 x 65 3/4インチ(125x167cm)

© Karel Appel Foundation, c/o ARS New York, 2014. Courtesy of the Karel Appel Foundation and Blum & Poe, Los Angeles.

2006-05-03---オランダの画家カレル・アペルが死去した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« オーストラリアで、アップル... | トップ | 下位中所得国フィリピンの財... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事