世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ドイツのアウディ、インドで2020年にEV投入を計画。

2018-05-26 21:02:34 | 未来


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月24日に、インドの経済新聞「ビジネス・スタンダード(Business Standard)(電子版)」は2018年05月22日に、ドイツ高級自動車メーカーのアウディ(Audi)は、インドで2020年に電気自動車(EV)を投入する方針を示したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64485

現地法人アウディ・インディア(Audi India)の社内に専門チームを結成し、社員やディーラーに対する研修を実施していると伝えたと報告した。

インド事業を統括するラヒル・アンサリ(Rail Asari)が「1回の充電で400km走行できるモデルを検討している」と明らかにした。まずは一部の都市のディーラーで限定的に販売する。アウディ・インディアは2017年に、「インドでEVを発売するかどうかは、充電設備などのインフラ整備の進展次第」と、様子見の姿勢を示していた。

インドでは現在、大手ではM&M(Mahindra & Mahindra/マヒンドラ&マヒンドラ)とタタ・モーターズ(Tata Motors)がEVを生産。マルチ・スズキを傘下に持つスズキと、トヨタ自動車が20年の投入を予定している。

アウディは走行距離が長いモデルを投入することにより、差別化を図る考えだという。

しかし、その差別化は技術環境で、すぐ淘汰される。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« オーストラリアの車販売企業... | トップ | 日航機の落下部品で、医院「... »
最近の画像もっと見る

未来」カテゴリの最新記事