世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フランスの画家アンリー・ルソーが生まれた。

2018-05-21 23:20:21 | 人物


ArtDailyは2015年05月21日に、ナイーブで、原始的な方法であったフランスの後期印象派画家、または素朴派の画家とも言われるアンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(Henri Julien Félix Rousseau/Henri Rousseau/1844 - 1910)は、1844年05月21日にマイエンヌ県ラヴァル(Laval, Mayenne)で生まれた。

https://time-az.com/main/detail/64423

彼はまた、一時法律事務所に勤め、軍役を経て、使用料と収税吏としてパリのル・ドゥアニエ(Le Douanier/関税役員)という、彼のユーモラスな職業で知られていた。

彼もニックネームも「ル・ドゥアニエ(Le Douanier)」であった。
また、彼はパリをジャングルにしてしまった。

彼は、40歳になって本格的に絵を描き始めて、49歳で仕事を辞めて、アートへの仕事に専念した。

ただし、最初の妻クレマンス(Clémence)は1888年に死に別れ、生まれた子供も幼くして亡くなり、2番目の妻ジョゼフィーヌ(Josephine)も1903年に死別している。

また、獣姦されている女性を描くなど、不思議な絵もある。

今回公開された絵は、まだ税関吏であった頃のアンリー・ルソーが。1910年に描いた「Le Reve(夢)」204.5x298.5cm出油彩。

ニューヨークの近代美術館(New York, The Museum of Modern Art)への、ネルソンA.ロックフェラー(Nelson A. Rockefeller)からの贈り物で、
252.1954 © 2016. Digital image, The Museum of Modern Art, New York / Scala, Florence.

1910-09-02---フランスの画家アンリー・ルソーが死去した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 海外交換業者で、仮想通貨「... | トップ | 12世紀に作られた寺院で、恐... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事