世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

香港進出の小売りブランド。昨年は世界最多!

2018-06-14 22:27:37 | ファッション


アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月12日に、香港の「経済日報(經濟日報)」は2018年06月12日に、米国系不動産サービス会社CBREによると、2017年に香港に進出した国際的な小売りブランドは86ブランドで、世界の主要123都市で最多となった。

最多は3年連続であったと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64719

2017年香港に進出した小売りブランドには、ファーストリテイリング傘下の低価格衣料品店「ジーユー(GU)」や、フランスの女性用水着「エレス(Eres)」などが含まれていた。

CBREは「香港の小売市場は成熟しており、(進出は)アジア太平洋地域での知名度の向上や影響力の拡大に有効な手段」と分析。地の利もあるため、中国本土への進出の足掛かりになる側面もあると指摘した。

Top 10 most targeted cities in 2017 (by number of new international retailers):

1. Hong Kong (85)
2. Dubai (59)
3. Taipei (52)
4. London (49)
5. Tokyo (46)
6. Doha (43)
7. Toronto (40)
8. Singapore (38)
9. Prague (37)
10. Shenzen (37)

意外なのは、シンがポールが8位。台北が3位。プラハが9位。
トップテンに、ニューヨークやサンフランシスコなど、アメリカが「0」

小売りブランドの進出先のうち、ヨーロッパは全体の41%を占めた。アジアは36%とヨーロッパに比べ少なかったが、CBREは「経済成長に対する期待や運営コストの利点などから、アジアが重要な投資先であるという各社の見方に変わりはない」と強調した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 中国の新車販売で、2018年05... | トップ | アメリカ生まれのフランス人... »
最近の画像もっと見る

ファッション」カテゴリの最新記事