世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ミャンマーの国産映画が保存の危機、日本からケース寄贈。

2019-05-21 18:51:10 | アート


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月20日に、東京文化ライオンズクラブと川崎西ロータリークラブが2019年05月16日に、「ミャンマーの国立フィルムアーカイブ(Myanmar National Film Archive)」に、日本製の映画フィルム保存ケース210個を寄贈したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68538

設備が近代化されていないため、保存の危機にさらされているミャンマーの映画フイルムを守る一助にしてもらう。





ミャンマーでは民政移管後、映画フィルムを文化遺産として後世に残す機運が芽生え、「国立フィルムアーカイブ」が設立された。1930年代以降に製作された白黒、カラーの劇映画、ニューズリールなど1,500本余り(保存ケース数換算で約4,400ケース分)が保管されている。

ただ、アーカイブ事業に携わる民間団体「セーブ・ミャンマー・フィルム(Save Myanmar Film)」の設立者であるオッカー(Maung Okkar)によると、保存フィルムの大半は温度管理できない施設内にあり、適切な品質の保存ケースに入っているものもわずかだ。オッカーは「手当てが急務だが、資金が足りない。ミャンマー映画に関心を抱き、支援してもらったことはとてもありがたい」と話した。

2019-02-26---日本とミャンマー、初の合作映画。復元?
​​​​​​​
この記事についてブログを書く
« 韓国バイオ医薬のセルトリオ... | トップ | インドネシアの西ジャワ島で... »
最近の画像もっと見る

アート」カテゴリの最新記事