世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

アフリカのモバイル・マネー・プロジェクトが増資を決定。

2019-06-18 14:29:42 | モバイル・マネー

 

Mobile World Liveは2019年06月14日に、ADB(African Development Bankアフリカ開発銀行)は、西アフリカでのモバイル・マネーの相互運用性をカバーすることを発表した最初のプロジェクトで、大陸での金融包摂イニシアチブを支援するためにUS$4億の資金を確保したと報告した。

 

2030年末までに、ADBからUS$1億の助成金とUS$3億の融資を分配する予定にしている。

 

 

https://time-az.com/main/detail/68844 

 

最初の寄稿者はビル・ゲイツ夫婦のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)、フランス開発庁(French Development Agency)およびルクセンブルク政府(Government of Luxembourg)である。

 

最初のプロジェクトは、ベナン(Benin)、ブルキナファソ(Burkina Faso)、ギニアビサウ(Guinea-Bissau)、コートジボワール(Ivory Coast)、マリ(Mali)、ニジェール(Niger)、セネガル(Senegal)、トーゴ(Togo)を網羅する西アフリカ中央銀行(Central Bank of West African States)へのUS$1130万の助成金になる。 現金は、モバイル・マネーの相互運用性プラットフォームに資金を提供するのに役立つ。

 

この地域は、エボラ出血熱(Ebola)に苦しんだ地域であり、現金が病原菌を運ぶ、最悪の経験をしたことから、モバイル・マネーの必要性が訴えられた。

 

インフラストラクチャ、製品開発、規制改革、および能力開発のためのイニシアチブは、資金と融資が利用可能になる。

 

その目的の1つは、アフリカにおける金融サービスの利用における男女格差を縮小するためのプロジェクトを支援することである。

 
ドイツの大学で、西アフリカからの視察団が来た時は、自分が今どこにいるのか疑った。
 
この記事についてブログを書く
« アナリストは、モバイル財布... | トップ | 韓国で、半年以上滞在の外国... »
最近の画像もっと見る

モバイル・マネー」カテゴリの最新記事