世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

九州電力、オーストラリアのVIC州政府と混合燃料開発で覚書。

2019-04-25 16:24:56 | 自動運転


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月23日に、九州電力は2019年04月22日に、オーストラリアのVIC(Victoria)州政府と木質バイオマス資源の活用に関するMOU(Memorandum Of Understanding/覚書)を締結したと発表した。

両者は、木質の建設廃棄物や間伐後に残った林地残材と、VIC州ラトローブバレー(Latrobe Valley)で産出する褐炭を混合した燃料を開発する。

https://time-az.com/main/detail/68265

九州電力は、将来的に自社の石炭火力発電所での新燃料の利用を考えているという。

九州電力の広報はNNA豪州に対し、2009年にVIC州政府と褐炭の利用に関する共同研究を行ったことなどが今回の覚書の締結の背景にあると説明。共同開発についての人的交流に関しては特に決まっていないと述べた。

ただ、VIC州政府は、今回の開発について補助金などを拠出する考えはないようだ。また、九州電力とVIC州政府は、バイオマス混合燃料の開発期限について、具体的な取り決めはしていないとみられる。

九州電力は、国立研究開発法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託事業として、2018年10月から、日鉄エンジニアリングと共にバイオマス混合新燃料の実用化に向けた開発を進めている。

つまり、まだ何も具体的に決まっていない。」



オーストラリアは実に、面白くにで、鉄、石炭。LP、今度は木質バイオマス資源としての褐炭と、燃料原が無数にある。
それを掘り出して、輸出して経済が成り立っている。
こんな単純な経済で、赤字になると言うのだから、オーストラリアの政治家は、どうなっておるのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カンボジア国立銀行は初めてF... | トップ | カンボジアの首相が一帯一路... »
最近の画像もっと見る

自動運転」カテゴリの最新記事