世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ミャンマーの最大都市で、送電線の地下埋設を計画。

2017-09-21 11:14:37 | 調査
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月20日に、電子版のミャンマー・ビジネス・トゥデー(Myanmar Business Today)は2017年09月14日に、送電システム近代化の一環として、ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン(Yangon)管区は、送電線を地下に埋設する構想を明らかにしたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61477

もっとも、ミャンマーの場合水害も多いので、送電線を地下に埋設すると、水没する可能性もある。

管区のニラ・チョー電力・工業・運輸相は、先ごろ行われた南ダゴン郡区(South Dagon Township)の変電所(電圧315キロボルト=kV)の稼働式典で「全国送電網(ナショナル・グリッド)からヤンゴン市内の最終消費者へ電力を供給するための送電線を、現在の地上から地下に埋設する」と説明した。具体的な実施時期などは明らかにしなかったが、実施には2〜3年間を要するとの見方を示した。

ヤンゴンを中心にミャンマーでは電力需要が急拡大している。発電能力の増強や送電ロスの低減など課題が山積しているため、送電線の地下埋設がいつ実施できるかは不透明だと伝えている。

そういえば、カンボジアやベトナムの送電線網と電話線網の束にびっくりする。
さらに夜になると、送電線を光が稲妻のように走る。

完全に送電ロスだろう。

電力が足らないほど、ロスが多いという矛盾がある。

さらに、途中に燃えるものがあれば発火する。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« NHKのネット受信料先送り、テ... | トップ | 香港の「債券通」は、来月に... »
最近の画像もっと見る

調査」カテゴリの最新記事