世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ウクライナ生まれの米国人彫刻家ルイーズ・ネーヴェルソンが死去。

2019-04-17 22:03:18 | 人物


ArtDailyは2019年年04月17日に、彼女の記念碑や木製の壁断片およびアウトドアの彫刻で知られている現在のウクライナ、当時のロシア帝国であったポルタヴァ県ペリスラブ(Perislav, Poltava Governorate, Russian Empire)で生まれた米国人彫刻家ルイーズ・ネーヴェルソン(Louise Nevelson/1899 - 1988/本名はレア・ベルリャフスキー/Leah Berliawsky)が1988年04月17日にニューヨークで死去したと報告した。

https://time-az.com/main/detail/64006

彼女は、20世紀初頭に家族とアメリカに移住した。 彼女は自宅でイディッシュ語を話し、学校で英語を学んだ。

1930年代初めにはニューヨークのアート・スチューデント・リーグ(Art Students League of New York)でアート・クラスに参加し、1941年には最初の個展を開催した。 

ハンス・ホフマン(Hans Hofmann)、チャイム・グロス(Chaim Gross)とルイーズ・ネーヴェルソンは、拾ってきた物を使って初期の概念アートを実験し、絵画と版画に加えて、彫刻に命を捧げた。

今回公開された写真は、マッケイブ・ファイン・アートのエキジビジョン(exhibition at McCabe Fine Art)で展示されたインストレーションで、ルイーズ・ネーヴェルソンの多様な選択を示した後期の作品である。

1899-09-23---アメリカの彫刻家ルイーズ・ネーヴェルソンがウクライナで生まれた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 経済性成長が減速しているオ... | トップ | ノートルダム大聖堂には、完... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事