世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

香港で週55時間以上の労働者が2割になり、是正訴え!

2019-04-18 20:15:46 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月17日に、香港の新聞「明報」は、民主派労働団体のHKCTU(Hong Kong Confederation of Trade Unions/香港職工会連盟/職工盟)が発表した香港の労働環境に関する調査によると、2018年の1週間の平均労働時間が55時間を超えた市民は労働力人口全体の2割に上った。

人数ベースでは67万人を超え、前年から3万人以上増加した。

警備や飲食といった一部業界は長時間労働が常態化しており、労働環境の是正が課題となっていると伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/68196

警備業界の1週間の平均労働時間は、60時間以上が全体の48.1%、72時間以上が25.2%をそれぞれ占めた。

人手不足が深刻な飲食業界は60時間以上が全体の38.6%、72時間以上が2.9%に達した。

陸上輸送や建設、小売りといった業界も、60時間以上が全体の1割を超えていた。

調査は、2008~2018年のGDP(Gross Domestic Product/域内総生産)の平均成長率が2%だったのに対し、同期間の平均賃上げ率(中間・低所得層対象)が0.7%にとどまっていた問題も提起した。

最低賃金制度の見直しを現行の2年に1回から1年に1回に改めるよう提案した上で、1時間当たりの最低賃金をHK$(香港ドル)44(約630円)に引き上げるべきだと訴えた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2019年03月の中国の新築住宅... | トップ | サムスン、5ナノ半導体の量産... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事