世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

フィリピンのセブ航空、2.4倍の増益。

2019-05-18 18:36:36 | 経済


アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月16日に、フィリピンの航空大手2社の2019年第1四半期(01~03月)決算が出そろった。

https://time-az.com/main/detail/68506

LCC(Low-cost carrier/格安航空会社)最大手セブ・パシフィック航空(Cebu Pacific Air)を運営するセブ・エアー(Cebu Air)は、純利益が前年同期に比べ2.4倍の34億3,000万ペソ(約71億8,000万円)に拡大。
PAL(Philippine Airlines/フィリピン航空)は赤字が縮小した。

セブ航空は、新型機材としてエアバス「A321ネオ」を導入したことで輸送旅客数が8.5%増の528万9,000人となったことや、燃料価格の下落が大幅な増益につながった。

売上高は同16.0%増の211億8,000万ペソ。うち旅客収入は14.6%増の156億7,900万ペソだった。

PALの持ち株会社PHI(PAL Holdings, Inc./PALホールディングス)は8億4,000万ペソの純損失を計上したものの、赤字額は前年同期から24.3%縮小した。売上高は7.2%増の392億7,000万ペソだった。

2018-07-02---フィリピンのセブ航空、専用機による航空貨物事業に参入。
2017-10-25---セブ航空、US$2500万の予算で比人パイロット養成。
​​​​​​​
この記事についてブログを書く
« インドネシアのオートショーG... | トップ | 無印良品のオーストラリア1号... »
最近の画像もっと見る

経済」カテゴリの最新記事